シャンプーは界面活性剤という成分を含んだ洗剤のことなんだよ。

2019年2月5日

シャンプーは界面活性剤という成分を含んだ洗剤のことなんだよ。

シャンプーは界面活性剤という成分を含んだ洗剤のことなんだよ。

界面活性剤は水と油を合わせて出来ている。脂分を含んだ汚れを水に溶けやすくしてあげる働きをするんだ。

界面活性剤には三種類あるのね。

①植物に含まれる天然洗浄成分

②脂肪酸ナトリウムなどの石鹸成分

③化学工業で作られる合成界面活性剤

そうだったんですか。知らなかった。(汗)

じゃあ、頭皮に優しいのは天然洗浄成分と石鹸系なんですね?

その通り!!

①の天然洗浄成分と②の石鹸成分だけではシャンプーを作りにくいので、

コストや生産性から、ほとんどのシャンプーは合成界面活性剤が使われているんだ。

残念ながら、市販されているお手頃価格のシャンプーは合成洗剤が主成分だよ。

頭皮に良くないシャンプーを使うくらいなら、水あらいのほうがい余程いいよ。

そうなんですか?それじゃ、毛根に詰まった皮脂を取り除けないじゃないですか!

そうなるけど、皮脂から分泌される脂分はそんなに悪者じゃないんだよ。

そもそも皮脂は頭皮をばい菌から保護する為に分泌されるもの。

また、頭皮を乾燥から防ぐ効果もあるんだ。

お肌の場合も同じ理屈。強い洗剤で顔を洗うとお肌が突っ張る感じがするでしょう?

洗いっぱなしで美容液も乳液も付けなければお肌は逆に荒れてしまうでしょう?

皮脂を取りすぎると頭皮の健康状態も悪くなってしまんだよ。

そうだったんですね!なんかシャンプーをしたら頭がさっぱりしていないと

きれいになった気がしないから一生懸命洗ってしまいます。

そう、それが間違った皮脂に対する考え方なんだ。

あんまり皮脂を悪者扱いしてはダメだよ。

じゃあさ、皮脂がそんなに頭皮わるくて抜け毛や薄毛の原因になるなら、

皮脂の分泌の盛んな成長期の小中学生は、毛根に皮脂が詰まって

抜け毛や薄毛になってしまうよね。

小中学生の抜け毛や薄毛なんて聞いたことがないよね?

確かに!

そんなに皮脂が悪いなら、ホームレスの人は皆抜け毛や薄毛になるというとなる。

でも、そんな事はないと思うよ。

もちろん、私もきちんと統計を取ったわけではないけど、

逆にホームレスの人はロンゲの人が多いと思う・・・・。

じゃあ、抜け毛・薄毛に悩んでいる人は、皮脂を取り除く事ばかりに

一生懸命にならないほうがいいんですね?

そうだよ。もちろん、適度に余分な皮脂は取り除かないとダメだけど、

皮脂を取り過ぎてしまっては逆効果だんだよ。

美容業界ではね、ダブル洗顔も肌に良くないという考える人も多くなっているんだ。

でも、脂漏性脱毛症ってあるでしょう?脂が漏れるって書くくらいだから、

やっぱり脂が増えすぎて抜け毛、薄毛の原因になるんですよね?

脂漏性皮膚炎とごっちゃになっているね。

この脂漏性皮膚炎自体がひどくると脱毛することもあるけど、

病気自体が稀な症状なんだ。だから、基本的に脂では髪の毛は抜けないと思っていいよ。

やった、これで毎日シャンプーしなくてすむね。

昭和30年頃ならよかったね。

その頃はお風呂にはいるのは週に2回くらいだったというデータもあるんだよ。

だから、当然毎日髪の毛は洗わなかったみたい。

隠れた健康法としてお風呂にあまり入らないというものあるくらいだからね。

でも、どうだろう、そこまで極端に出来るかな?

何事も行き過ぎはよくないし、何よりも臭いが気になるでしょう?

現代の生活習慣から考えるとちょっとあり得ないね。

日常社会生活に大きな影響を及ぼしてしまう。友達がいなくなるね。(笑)

それなら抜け毛、薄毛に悩んでいる人はどうすればいいんでしょう?

まずは脂で髪の毛は抜けないということ、あまり心配しすぎないことが大切。

でも、頭皮は出来るだけ清潔にしたほうがいいので、

頭皮にやさしんシャンプーを使うことだね。

それと、頭皮の血行を良くすること。頭皮に限ったことではないよね。

血行を良くすると必要な栄養素を身体の隅々まで届けてくれるから。

そういった意味ではシャンプーはマッサージ効果もあるので、

毎日シャンプーすることは悪いことではないと思うよ。

頭皮にやさしいシャンプーを使えばいいんですね。

そう、まずは市販されている安いシャンプーはほとんどダメだと思っていいよ。

おススメのシャンプーはアスロング!

アスロング(シャンプー)の口コミを全暴露!市販と何が違うの?