M字ハゲはストレスが原因でも起こってしまう。

2019年1月7日

M字ハゲはストレスが原因でも起こってしまう

M字ハゲになってしまう一番の原因は、脱毛の原因である悪玉男性ホルモン・DHTの影響を受けてしまうことです。

DHTの影響による薄毛は、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、薄毛治療薬プロペシア・育毛剤を使ったM字ハゲ対策が重要となっています。

しかし、AGAではなくてもストレスが原因でM字ハゲになってしまうこともあるんですね。

M字ハゲになってしまう生え際の部位は、頭皮の血管がとても少ないのが特徴です。ストレスが過度に溜まってしまうと、頭皮の血流が悪くなるため、髪の毛の成長に必要な栄養が運ばれにくくなってしまうのです。

その結果、ストレスが原因でM字ハゲになることがあるんですね。

ストレスが原因でM字ハゲになってしまった場合、薄毛治療薬プロペシアを服用してもあまり期待できません。プロペシアは、あくまでも悪玉男性ホルモン・DHTの生成を抑制する薬ですからね。

では、ストレスによるM字ハゲ対策には、どのような対策を行えばよいのか詳しくご紹介していきます。

ストレスによるM字ハゲ対策方法

先ほどもお伝えしたように、ストレスが原因でM字ハゲになってしまう場合、頭皮の血流が悪くなっていることが主な原因なので、「頭皮の血行促進」を中心に行う必要があります。

また、髪の毛の生成に必要な栄養が十分行き届いていないため、必要な栄養をしっかりと補うことも大切です。

頭皮の血流促進を行う

髪の毛の生成に必要な栄養を十分摂る

頭皮の血流促進を行うためには、育毛剤を使い、頭皮マッサージを行うことが必要です。育毛剤には、頭皮の血流促進成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

髪の毛の生成に必要な栄養を補うためには、普段の食事を見直すことが大切です。「ミネラル」「タンパク質」「ビタミン」など、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

しかし、忙しくてなかなか食事に時間をかけられない場合、育毛サプリメントで必要な栄養を補うのも一つの方法です。育毛サプリなら、普段摂取しにくい「亜鉛」「ノコギリヤシ」なども手軽に摂れるのでおすすめです。

最近の育毛剤には、育毛サプリメントがセットになっているものも増えてきています。セットになっている育毛剤を選べば、財布にも優しいのでおすすめです

M字ハゲ対策に使っておきたい育毛剤は、次のページでランキングでご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。